シール 「同人の方がマシ!?」未完成PCゲームが発売された裏事情 | Newsのミカタ
FC2ブログ
< 2018年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018年12月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 「同人の方がマシ!?」未完成PCゲームが発売された裏事情 > ニュース > 「同人の方がマシ!?」未完成PCゲームが発売された裏事情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「同人の方がマシ!?」未完成PCゲームが発売された裏事情

魔法少女アイ参
魔法少女アイ参
おすすめ平均
stars企業姿勢としてどうなのか
stars擁護不可能
starsこのディスクは…
stars主な問題点
stars体験版にすらならない
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
昨年12月19日に発売されたPC用アダルトゲーム『魔法少女アイ参』がネット上で話題だ。なんとこのゲーム、未完成のまま発売されてしまったのだという。店頭で発売された『魔法少女アイ参』はアダルトゲームにもかかわらずエロシーンがゼロ。グラフィックが発売に間に合わず、イメージショットでごまかしているというのだ。そのイメージショットにも女体は出てきておらず、そんなCGの枚数も合計で14枚しかない。『魔法少女アイ参』の定価は9,240円。通常、このクラスのゲームならCGは差分を含めて100枚~200枚。多いものでは300枚を超えるものもある。ならば文章で泣かせる近年流行の「泣かせゲー」かと言うと、シナリオも繋がりがなく泣きも笑えもしないという代物なのだ。
記事全文

未完成を売ってアップデートファイルで完成させていく新しい商売だったりして・・・。



DVD:超クソゲー
ショップ:楽天市場
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム、アニメ、その他 ジャンル:ニュース


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。