シール ギザ10って本当に価値がある!?  | Newsのミカタ
FC2ブログ
< 2018年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018年12月 >
ホーム  > スポンサー広告 > ギザ10って本当に価値がある!?  > ニュース > ギザ10って本当に価値がある!? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギザ10って本当に価値がある!? 

昭和26年~33年に発行され(31年は未発行)、硬貨の縁がギザギザになっていることから通称“ギザ10”と呼ばれている10円玉。昭和33年のものは特に稀少価値が高いと言われているけど、本当はいくらで買い取ってくれるのかを調べてみた。「ギザ10はお店に持っていっても買い取ってくれるところは少ないし、買い取ってくれたとしても額面通りじゃないですか。美品でも30~50円だと思います。昭和33年のものだけは発行枚数が少ないので、100円くらいですかね。でも、普通に流通しているもので美品はまずないですよ。」とのこと。
記事全文

美品でも30円ってことは、通常出回っているものだったら手垢やキズで額面通りになりますね。
コーラに付けてピカピカにしてもダメだろうなw



金運を呼ぶガラスの子金魚お守り
ショップ:楽天市場
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいニュース ジャンル:ニュース


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。