シール 日本はもっと深刻 オトコの「精子激減」 | Newsのミカタ
FC2ブログ
< 2018年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018年12月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 日本はもっと深刻 オトコの「精子激減」 > ニュース > 日本はもっと深刻 オトコの「精子激減」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本はもっと深刻 オトコの「精子激減」

イスラエルで壮年男性の精子が10年前に比べて半減と大騒ぎになっている。エルサレムの病院の研究者が、1990年代後半の保存精液と最近のものを比べたら、精子細胞の数が40%も減少していることが判明。原因は水道水に含まれるエストロゲン(環境ホルモン)の濃度が高まり、男性の女性化が進んでいるためではないかといわれている。しかし、精子の減少でもっと深刻なのが日本だ。先進国で急激な精子減少が起こっているが、日本はとりわけ少ない。日本と欧州4カ国の20~44歳の男性を対象にした共同研究によると、日本男性の精子の数を100とすると、フィンランドは147、スコットランド128、フランス110、デンマーク104で、日本が最低だった。日本男子はフィンランドの実に3分の2と“薄い”のである。【日刊ゲンダイ】

金●を高温にさらすと精子が死んでしまうそうです。
サウナなんてもってのほか!
サウナ好きの方、ご注意を・・・。

■関連商品?
あなたの知らない精子競争 『エビオス錠 270錠』
スポンサーサイト

テーマ:考えさせるニュース ジャンル:ニュース


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。