シール 誰が修復?麗子像いつの間にか真っすぐに | Newsのミカタ
FC2ブログ
< 2018年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018年12月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 誰が修復?麗子像いつの間にか真っすぐに > ニュース > 誰が修復?麗子像いつの間にか真っすぐに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が修復?麗子像いつの間にか真っすぐに

誰が修復?麗子像いつの間にか真っすぐに
東京都葛飾区のJR亀有駅北口に設置されている人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」に登場する女性警察官「秋本カトリーヌ麗子」の銅像が傾けられた事件で、今度は同像が何者かによって“修復”されていたことが24日までに分かった。「麗子」像は5月19日に足元から左斜め前に傾いていることが発覚したばかり。葛飾区が20日に被害届を提出し、警視庁亀有署が器物損壊事件として捜査していた。

「麗子」が再び直立しているのが発見されたのは22日午後0時半ごろ。東京・葛飾区によると、銅像の様子を見に来た区職員が気付いたという。左斜め前方に約25度近く傾いていた像は、ほぼ真っすぐに戻されており、表面に亀裂なども残っていなかった。地元商店会などによると、22日未明に何者かが手で押し戻すなどして修復した可能性があるという。

作品唯一のヒロインである麗子の銅像は台座を含め高さ約130センチ。ミニスカートから伸びた長く細い足が特徴だが、脚部には直径6ミリ、長さ10センチの鉄製の芯が埋め込まれるなど頑丈に作られているという。亀有北口一番街商店会の平岩敏夫会長は「倒すよりも戻す方が力がいるはずで、並の力じゃ無理だろう」と驚きの表情で話した。【日刊スポーツ】

元に戻った事は"両さんが怪力で戻した”ってことで目をつぶって欲しいなぁ。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 こちら葛飾区亀有公園前派出所 勝てば天国! 負ければ地獄! 両津流 一攫千金大作戦! 特典 「こち亀ジャンボくじ」(10枚)付き
スポンサーサイト

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。